会長挨拶
会長

公益社団法人茨城県柔道整復師会
会 長 竹 藤 敏 夫

ご挨拶

 

このたびの定時総会において、会員の皆様の信任をいただき、引き続き会長を務めることになりました。

これもひとえに、皆様方のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

ご承知のとおり、新型コロナウイルスという未曽有の危機に直面してから1年半が経過しようとしておりますが、この間、私たちは様々な変化への対応を余儀なくされ、施術所の運営・経営においても、これまで経験したことのないような影響が随所に見られ大変厳しい状況にあります。

このように、感染拡大の影響が広く実体経済などに普及する中で、柔道整復師は地域の公衆衛生を支えていくことが責務であり、社会的使命と考えております。

よって、この難局を乗り切ることが最優先でありますが、このような状況にあるからこそ将来を見据えたビジョンも同時に重要と捉え、今回の役員人事においても、これまでの慣例にとらわれず適材適所に就任していただきました。

今、我々柔道整復師には、国から電子請求への移行やマイナンバーカードによる健康保険証の資格確認などデジタル化の推進、整備が求められております。これらの課題に対し、これまで以上に会員の皆様との対話を重視し、信頼関係をより強固なものとして、迅速、適切、柔軟に対応して参りたいと考えております。

そして、私自身「精励恪勤」職務に取り組んで参りますので、何卒、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

接骨院・整骨院検索
行事予定 健康づくり等公開講座 救護ボランティア 各種柔道大会 接骨師会奉仕団 アクセス